幼児英語とは

 

幼児期に母国語である日本語と併せて英語も習得させたい、と願うお父さんお母さんが増えています。

 

英語教材やプリスクールなど、検討している方も多いのではないでしょうか。

 

わからない、ということを大人はストレスに感じますが、幼児は違います。幼児は分からないことを苦痛に感じず、何事ににも興味を持ち吸収します。この貴重な時期を利用して英語を勉強するのが幼児英語です。

 

幼児期は親が楽しんでいるのを見ると、子供も一緒に楽しもうとします。幼児英語の長所は、意欲を持って勉強だと思わずに学ぶことがで き、頭にすぐに入るところでしょう。

 

 

幼児期に英語を勉強すると、母国語である日本語の表現力も併せて発達する上、コミュニケーション能力も上がるそうです。現在、日本語でも上手に表現ができない人が多くなっているといわれています。母国語での表現能力も危ういのでは、国際化社会で外国人と付き合っていくことが難しくなってしまうのでは、と心配するのは一理あると思います。自分の意見を日本語でも英語でもきちんと表現できるという ことは大切なことです。

 

幼児期に繰り返し英語を聞くと、英語を聞き分ける能力が自然に身につくそうです。自分の経験ですが、幼稚園の頃から小学校6年生まで英語教室に通い、毎日かかさず英語のカセットテープを聞いていました。そのおかげかヒアリングだけは得意です。

 

頭が柔らかく耳が良い幼児期に、英語のCDを聞かせるてみるのもよいでしょう。親も一緒になって英語の歌を歌ったり、CDに併せて絵本を見せたりすれば、子供も喜んで英語を吸収することと思います。